豊中市、吹田市、茨木市の賃貸マンション・アパートのお部屋探し、売買、管理のことならルームコンサルティング千里店・茨木店

北摂エリアの賃貸マンション・アパートのお部屋探しならお任せください。

会員の方

閉じる

VR内見

近年流行りの「VR(バーチャルリアリティ)」ですが、そのVRを不動産業界が積極的に取り入れています。
不動産業界がどんな場面でVRを使用するのか、それは主に物件の内見です。
賃貸物件の内見にVRを取り入れることで、入居希望者はわざわざ現地まで足を運ばずに物件の内見が可能です。
賃貸物件の内見は入居前に必ず行っておくべき重要なことです。
VRが取り入れられるまでは物件まで足を運び、部屋の間取りや様子を目で見て確かめるのが一般的でした。
しかしそれではわざわざ時間を作らなくてはならないので忙しい方には面倒な事であったと思います。
賃貸物件を決めるとなると、1つの物件だけでなく数件もの物件に足を運ぶのはさらに面倒です。
それがVR内見なら物件まで足を運ぶことなく、いつでも簡単にすばやく数件の内見ができるので非常に便利です。

【VR内見のシステム】

 

VR内見はどうやって撮影しているのかと疑問に思われる方も多いでしょう。
VRは3Dを利用しているのです。
3DのVR動画が撮影できる360°カメラで物件を撮影します。
それを不動産会社などがwebサイトにアップロードします。
その動画はスマートフォンやVRゴーグルを利用して見ることが可能です。
不動産会社の店舗などで内見できるほか、自宅に居ながら内見することも可能です。

【VR内見のメリット】

 

■わざわざ物件を見に行かなくても良い

わざわざ物件に足を運ばなくても、自宅に居ながら内見することができます。
時間も手間もフリーなので非常に便利です。

■全国どこに居ても希望のエリアの物件を内見できる

例えば転勤が決まり、そのエリアの物件を借りる必要があるとします。
東京から大阪へ転勤が決まったとしても、中々物件を見に行くことは難しいでしょう。
しかしVR内見なら全国どこに居ても物件の内見が可能です。
ちなみに海外からも内見可能です。

■現在入居中の物件でも内見可能

現在入居中で退去予定の物件も確認したい時があるでしょう。
そうなると実際の内見は難しいものです。
しかしVR内見なら現在入居中の物件であっても内見することが可能です。

■建築中やリフォーム中の物件でも内見可能

現在建築中の物件やリフォーム中の物件の内見は基本的にできません。
しかしVR内見なら仮想体験をすることができます。

【VR内見のデメリット】

 

■VR内見で気分が悪くなる場合がある

VRの映像に馴れていない方はVR内見で気分が悪くなる事が考えられます。

 

■周辺環境や外観が不明

VR内見は基本的に物件の内部の映像です。
そのため物件の周辺環境や外観までは確認することができません。

ルームコンサルティング千里店はVR内見が可能です。
お部屋詳細ページから室内の様子を確認していただけますのでぜひご覧ください。
 

COPYRIGHT ©DAIKICHI COVERALL Co.,Ltd